トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

サウンド・オブ・サンダー

渋谷シネパレス(20060330)

タイムマシンで過去に帰るビジネス。
過去を変えれば現在が変わる。使い古されたテーマなのだけれど...

それでも、直後におぼれ死に、火山の噴火で埋まってしまうはずの恐竜を見つ个掘△海譴鮖Δ垢箸いΕ┘鵐織謄ぅ瓮鵐箸陵彖任鬟咼献優垢防佞渦辰┐襦

ところが、これを繰り返すうちになぜか、現在に影響が出てきてしまう。
タイムマシンをコントロールするコンピュータもちょっとおかしくなる。

原因は、過去に行ってきた顧客の一人が...

人間だけそのままで、周囲の動植物だけが違う進化の過程を進むっていうのは違和感があるなぁ。タイム・ウェイブっていう仕組みで不連続の世界を作り出すのだけれど、それが視覚的に見えるようにするっていうのも、一つの映像化なんだろうけれども...そういうかたちでの波及をするのもちょっと気持ちが悪い。

ついでに、その変異をもたらした原因だって、直後に周辺で火山噴火があれば、その後の進化の過程に影響できないと思うのだけれど...まぁ、フィクションですからね。